落ち着いた行動が最重要

修理班

水道トラブルや設備関連のブログ

自分でトイレの水漏れ修理を行う場合ですが、トイレ修理とは言っても水道修理業者が到着するまでの工程が応急処置程度だと思います。まず、水道修理が必要なのであれば、お電話を頂くとして、その応急処置の工程なのです。

修理作業の前に大事なこと、それは、止水栓を閉めることが確実に必要になります。止水栓を止めずに修理作業を始めれば、タンクから水が溢れることがあるからです。 トイレ修理は、必ず止水栓を閉めてから行いましょう。では、先程からお伝えしている止水栓はどこにあるのかですが、タンクへの給水管に付いています。タンクから繋がっている管から飛び出しているものが止水栓です。 それをマイナスドライバーかコインで右に回すことで閉めることができ給水を止めることができます。さらに安全策をするのであれば、タンクの中を開けて止水栓の調節(浮き球を上に上げる)をすることで、より安全にトイレ修理を行うことが出来ます。止水栓が調整されていることで給水の勢いが抑えられるため、ボールタップなど、他の部分に不具合があっても水がタンクの外に溢れることはありません。それがもし調整されていなければ、排水管から流れ出る水量よりタンクに供給される量が多くなる場合があり、タンクの外にあふれることがありえます。水道修理業者にすべて頼り切るのではなく、前段階として止水栓を止めておけば水漏れで不安になることもなく安心することができます。


水まわり設備は、ご使用していなくても経年劣化していきます。また、まったくご使用になられていないと耐久年数も比較的早くなってくる傾向が有ります。

市内営業地域紹介
名東区 中川区 昭和区 瑞穂区 守山区
千種区 中村区 天白区 熱田区

トラブルが起きても慌てないで応急で対処してみる!
トイレ
詰まってる物がトイレットペーパーである場合には、水溶性の物だったらしばらくすると溶けて流れることがあります。しかし、直ったと思って水を流すと、再度、水位が上がってくることもありますので少量の水を軽く流してみるかバケツなどで水を少しずつ流して様子を見ましょう。また、異物を落としてしまったときはラバーカップ(スッポン)を使ってはいけません。素手で取り出せないケースだったら専門業者に修理依頼するのも一つの方法です。ただし、あくまでも応急処置なので、できるだけ早く専門業者に相談しましょう。

お風呂
お風呂場の排水口が流れなくなったときには、専用のクリーナーを使用してみましょう。クリーナーを排水口から直接流し込んで専用のブラシで排水管の内側掃除することで改善することもあります。この方法で改善されない場合は、専門の業者に相談しましょう。
※ クリーナーを使用する際は、説明書を必ず読んで、ご自身の責任のもとで安全にご使用ください。

台所
キッチンの排水口が詰まったときにラバーカップで水が流れるまで押し流すか専用のパイプ洗浄剤を使って、排水管の汚れを取り除きます。それでも改善されない場合だと専門業者に連絡しましょう。
キッチンの排水管には塩化ビニール製の蛇腹ホースが使用されていることが多いので硬い棒などで強引に詰まりの原因を取り除こうとするとホースが破れるおそれがあります。