保温材は確実にしておかないと氷点下以下になると凍結する場合がある

修理班

水道管が凍結して使えなくなる要因

お住まいの立地や水回りの水道配管の位置。あるいは、水道管の設置状況によっても異なりますが北側の立地や水道設備が北側にあるなど、水道配管がむき出しになっていると凍結リスクがより高まり氷点下4度以下になる前に水道配管の内側で水が凍ってしまうなどの悪影響が起きる場合がありますので注意が必要です。
水道管の凍結は、気温が一番下がる深夜から早朝にかけて起こりやすくなります。
深夜から早朝にかけて気温が大きく下がり寝ている間はキッチンや浴室、洗面所、トイレといった水回りはほとんど使われませんので流水しなく水が止まったままになり次第に凍っていきます。少しでも流水していれば急激に温度が下がらない限り凍ることがありません。その点を考慮すると室温も下がり水道が使われないので水道管が冷えて内側の流水していなければ水が凍りやすくなるということになります。
氷点下を下回るような気温になる場合には事前に水道配管に保温材を取り付けるなどして凍結させないような対策をしましょう。

水道管が凍結してしまうと蛇口を開けても水が出なくなります。ひどい時には水道管に亀裂が入って水漏れを起こしたり水道管が破裂して水が噴き出し大きな水漏れトラブルに発展することがあります。
マンションなどの共同住宅ですと自宅だけでなく隣室や階下にまで影響が出てしまうのでいっそう警戒が必要になってきます。また水道管が凍結してしまった場合は暖かくなれば自然と溶けるだろうと思ってる方が大多数だと思いますが、水道管が凍結していると次第に膨張して行きに水道管が破裂してしまう危険性が高く修理費用が高くなるばかりでなく修理に日数がかかるということも出てきます。
また、自然解凍を待ちきれないで水道管に熱湯をかけてしまったら、急激な温度変化によって水道管が破裂する危険性もありますので絶対に買うている水道管に熱湯をかけることは避けてください。蛇口などが凍結している場合にはタオルを巻いてぬるま湯をまんべんなくかけることによって解消することも可能ですが直接は絶対に避けましょう。
またそれ以外の方法ですと早く水を出したいのでしたら、蛇口を改善している状態で蛇口に近い部分からドライヤーの温風を当てて徐々に溶かす方法があります。しかし、凍結している部分の中央歩ぐらいからとかしても効果がありませんし破裂の可能性もますから、絶対にや口に近い部分からとすいしながら解氷していきましょう。


愛知県出張エリア紹介
尾張担当地区
一宮市 春日井市 瀬戸市 犬山市 小牧市
江南市 稲沢市 尾張旭市 岩倉市 豊明市
日進市 長久手市 清須市 北名古屋市
緊急の水道業者
海部担当地区
あま市 津島市 弥富市 愛西市
知多担当地区
知多市 大府市 半田市 常滑市 東海市
電話の無料相談
三河担当地区
豊田市 岡崎市 安城市 西尾市 刈谷市
知立市 みよし市 碧南市 高浜市 新城市
豊橋市 豊川市

修理料金