詰まってしまう前なら効果的である

修理班

市販されているワイヤーブラシについて

ホームセンターので手頃な価格で販売されているワイヤーブラシは詰まりを解消するグッズとして有名でありますが、何故、おすすめできないのかということをご説明させていただきます。

確かにワイヤーブラシは詰まりの解消の効果的ですが、台所やお風呂場などで排水管煮詰まった詰まりを除去する場合には、ワイヤーブラシがふにゃふにゃで弱いため原因となっている油分の効果ですとワイヤーに硬度がないため詰まっている原因を貫通させることができないからです。つまりを解消する業者と比較してもプロが使用しているワイヤーはコードがありますので用意に貫通させることができても市販されている格安のワイヤーでは天と地の差があるほど硬度が弱く機会損失するだけでおすすめすることができません。
例えば、お風呂場や台所の排水管は、早い段階で詰まりを解決する対処でしたらパイプ洗浄剤で分解することによって解決することができます。しかし、それがダメだった場合には、ワイヤーブラシを使うくらいの重度の詰まりであれば業者に修理依頼した方が良いというケースがほとんどです。絶対にダメですとは言えませんが、ご説明しているワイヤーブラシですとトイレットペーパーの詰まりを良くするぐらいだと考えておくことが良いでしょう。

ワイヤーブラシを用いた詰まり抜き方法

ワイヤーブラシは、パイプ内に詰まりがある場合に使用することができる手軽な道具です。以下はワイヤーブラシを用いた詰まり抜き方法です。

ワイヤーブラシを用意する
まず、ワイヤーブラシを用意します。市販されているものを選び、パイプの直径に合ったものを選びます。
パイプに挿入する
ワイヤーブラシをパイプの中に挿入します。まずは、ブラシの先端をパイプに入れ、少しずつ回転しながら奥に進めます。
ブラシを回転させる
ワイヤーブラシがパイプの中に入ったら、ブラシを回転させます。回転方向は詰まっている方向と逆方向に回すと効果的です。
途中で引き抜く
パイプの中をブラシで掃除したら、途中でワイヤーブラシを引き抜きます。この時、ブラシがパイプ内に詰まってしまわないように注意しましょう。
水を流す
最後に、水を流して詰まりが取れたかどうか確認します。何度か繰り返すことで、詰まりを解消することができます。

ワイヤーブラシとトーラーの相違点と詰まり除去効果
ワイヤーブラシとトイレポンプ(トーラー)は、共にトイレの詰まりを解消するための道具ですが、異なる特徴と効果があります。

●ワイヤーブラシ(トイレホック):
・ワイヤーブラシは、細いワイヤーでできたブラシで、トイレの排水口やトラップ内の詰まりを取り除くために使用されます。ワイヤーブラシの特徴と効果は以下の通りです。
・柔軟性: ワイヤーブラシは柔軟なワイヤーでできており、曲がったり屈曲した部分にもアクセスしやすく、詰まりを取り除くことができます。
・詰まり除去効果: ワイヤーブラシを排水口やトラップに挿入し、回転させることで、詰まりの原因物を物理的に取り除くことができます。ただし、固い物質や頑固な詰まりには効果が限定的な場合があります。
●トーラー(便器ポンプ、パワープランジャー):
・トーラーは、ゴム製の吸盤がついたポンプ状の道具で、トイレの排水口を押し込んで空気圧を作り、詰まりを解消するために使用されます。トーラーの特徴と効果は以下の通りです。
・空気圧効果: トーラーを排水口に押し込んだ後、ポンプ操作により空気圧を作り出し、一気に放出することで、詰まりの原因物を押し出す効果があります。
・広範囲に使用可能: トーラーは排水口全体に対して均等な圧力をかけることができるため、広範囲の詰まりに対応することができます。

ワイヤーブラシとトーラーのどちらを使用するかは、詰まりの原因や状況により異なります。軽度な詰まりや可塑性のある物質に対してはワイヤーブラシが有効ですが、より頑固な詰まりや空気圧効果が求められる場合はトーラーが適しています。また、注意点として、正しい使用方法や安全対策を守ることが重要です。必要に応じて水道業者に相談し、適切な道具と方法を選択することをおすすめします。


修理料金