経年劣化による部品の劣化が原因

修理班

蛇口から水が漏れているケースについて

水回りでよくあるのが蛇口の経年劣化による水漏れで大手製造メーカー公示でも使い始めてから10年ぐらいが交換の目安で耐久年数と公示されております。
その蛇口の水漏れが発生した時には、どこの部分から水漏れしているかをまず確認をしましょう。
ほとんどのケースで水漏れが発生している原因として多くありますのが本体とパイプのつなぎ目あたりから水漏れがあれば接続部のパッキン劣化やナットが緩んでいる可能性が高い。
この場合は、ナットを締め直したりパッキンの交換で解決することができる。
しかし、締めすぎたり外したりすると余計に状態を悪化させる場合があるし、古い蛇口であればパッキンや部品が市販されていない場合もあるので注意しましょう。
また、蛇口の付け根部分から水漏れがしている場合では、蛇口そのものの交換が必要な場合が比較的多い。

蛇口の修理で一番気をつける点は、ネジやナットを取り外す時に斜めに取り付けてしまってネジ山を破損させてしまうケースです。
この場合には、ねじ山を再生することが不可能ですので蛇口一式の交換となることがほとんどですから、ナットやネジを取り付ける時には、まっすぐ挿入し的確に締め付けるようにしましょう。また、古くなった蛇口でスト締め付けによって破損してしまうことがありますので十分に気をつけましょう。


三河方面出張地域紹介
豊橋市 豊川市 豊田市 安城市 岡崎市
西尾市 刈谷市 知立市 みよし市 碧南市
24時間対応
高浜市 新城市

修理料金