道路で遂行されている水道配管の工事直後の水の汚れについて

修理班

水道工事直後に水が濁ってしまう原因

水道工事や一時的断水などが行われると蛇口から吐水される水が濁る時があります。赤茶色の濁りは、水道管に蓄積されていたサビが流れ出ているのが主な原因となります。
道路上の水道管は、定期的に入替がされていて水道工事や断水によって、水道管内の水の流れ方が一時的にいつもと逆方向になったり、流れる速さが変わったりすることで錆びついていた鉄分を剥がれて水とともに吐水されてきます。 水道工事直後に泥や砂が混じることもあります。少量飲んでも人体への影響はありませんが可能な限り飲用は避けましょう。水道配管工事が終わった直後は、少し水を流したままにしてからお使いになることをオススメします。
水道水が白く濁ったときは、空気が原因かもしれません。

一宮市 豊明市 日進市 長久手市 清須市

水道配管内に空気が混入して圧力が急激に変化すると蛇口から吐水したときに気泡がはじけて白く濁ったように見えます。特に冬場に多く見られる現象ですが、水が急激な変化によって温生じたりします。
上記のどちらもしばらく水を出していることにより改善されるはずですが、時間がたっても水の濁りが解消されない場合には、別の問題が考えられます。例えば、急激な水圧の変化によって生じる宅地内側の水道管やパイプの経年劣化によることで起きてしまうことがありますが可能性としては、ごくわずかな確率です。

豊田市 安城市 岡崎市
三河方面出張地域紹介
西尾市 刈谷市 知立市 みよし市 碧南市


修理料金