些細なことでも見逃さないで点検する

水道修理業者

台所の蛇口の調子がおかしい場合

台所で蛇口を使った時にいつも出てくる水やお湯の量が少ない、少し時間が経過してから水が出てくるようになるといった場合や水がばらけるように吐き出すように出てくる、蛇口の真ん中や棚の内側から水漏れしているといった場合には、どこにトラブルが発生している可能性が極めて高いと言っていいでしょう。
様々な水トラブルによって原因が考えられますが、ナットが緩んで劣化が進んでパッキンやカートリッジの劣化や金属疲労によってベース部分にヒビが入っているケースなどを考えられます。

浴槽から水が漏れてる場合 排水トラップに異常がある
スタッフのコラム
部品ごとに点検するとよい 劣化で水漏れが発生

台所で設置されている蛇口は、料理をした油のついた手や食べ物屑を触った手で触れることも多いので知らず知らずの間に食べ物屑が隙間に入り込み油汚れが付着してこびり付いてしまうこともあり蛇口の動作不良を引き起こす原因ともなっています。
そのため、ワンハンド水栓の場合にはレバーの上げ下げが重たくなってしまったり水が漏れ出てしまうなどの不具合が生じてしまうことも少なくありません。この場合には、レバーの取り付けネジを締め増しすることやレバーを取り外して清掃することによって改善することが少なくありません。
浄水器が組み込まれている水栓の場合には、フィルターを交換していれば大丈夫と思い込んではいけません。浄水器とつなぐために取り付けたリングなど、新たに取り付けたものと蛇口の隙間に油汚れや食べ物屑などが付着し気付かずに放置している間に黄ばみや黒ずみ、カビなどが発生し蛇口周りが汚れてしまうことがあり、このことが原因になり故障してしまう場合もあります。そして、部品どうしのつなぎ目を細かくお手入れして汚れを落とすとともに、部品が緩んでいる場所がないか1つ1つ確認してみましょう。
ほとんど点検することがない蛇口ですが、ちょっとした不具合があった時には点検してみるように心がけておけば事前に故障する前に不具合が起きる場合もあります。
蛇口を使っていてちょっとした違和感があった時に原因を調べた上で、必要に応じて対処し消耗品であるコマパッキンやカートリッジの定期交換を行うことで蛇口が長持ちすることができるようになります


タンクが水漏れを起こす 浴槽の水が減る原因
愛知県の水道修理
依頼した時の料金について 蛇口から水漏れする原因

基本料金
完了までの道筋