マイナス4°c以下になると凍結しやすい

水道修理業者

凍結防止対策について

昨今の異常気象で猛暑や極寒になったりしてしまう地域もあります。数年前に発生した大都市圏の水道凍結も例外でなく対処方法も分からず大災害に陥ってしまうこともありますので知っておけば役に立つことですから、凍結防止対策についてご紹介をしておきます。
まず知っておきたい重要なことですが、水道管は氷点下4℃以下になると凍結リスクが非常に高まります。一方、雪が降る気象条件は、上空温度マイナス6℃以下で地上の気温3℃以下の時です。寒冷地にお住まいでない場合にでしたら、めったに雪が降らないですが、雪が降らなくても寒さが厳しくなればパイプや水道管が凍結するリスクがあるということを事前に知っておきましょう。
寒い環境に慣れていない都市圏にお住まいの場合でも、いざ水道管が凍結してしまうと焦ってしまう方が多くいらっしゃいます。突然、水道管が凍結してしまった場合にはどうしたらいいのか分からなくていい中になれば暖かくなるからそのまま放置している方も多くいらっしゃいます。しかし、水道管用パイプが破裂してしまった場合には膨張し破裂してしまうということもありますので早めの対処が必要となってきます。

浴室の蛇口からの漏れ 雨どい補修・補強作業
評価リスト
水道管から水が漏れてる ウォシュレット交換

水道管やパイプは、気温が低くなる夜間の冷え込み時に凍結しやすいです。屋外気温が下がるのに加えて、多くの家庭では、暖房を使わないで就寝していることが多く、住まい全体の室温も下がります。特に寝ている間には、室温が低くなるトイレのパイプが不具合を多く受けやすいといえます。また、屋外であれば水道配管に巻きつけられている保温材が剥がれていたり破れていたりした場合には、そこが原因となってしまうことが多くあります。
そのため、夜間に水道管が凍結し朝起きたときに水が使えないと焦る方が少なくありません。 トイレの排水ができなくなってしまったり、朝食を作れなく洗顔もできないなどの影響があり困ってしまいます。そうなってしまえば、すぐにでも水道業者や水道屋を手配して修理を考える方も多くいらっしゃいます。また、日中の気温が上がったら自然解消する可能性もあると思い夕方までそのままにしておくことも考える方が多くいます。
応急対応で水が出ないので思わず、水道管に熱湯をかけて溶かそうと試みる方もいます。 ですが、これは絶対にしてほしくない行為です。なぜかというと熱湯を水道管や蛇口にかけると温度差が激しくなり亀裂が入ったり破裂することがあるからです。
水漏れする大惨事の原因となりますので熱湯をかけたりしないようにしましょう。また、凍結したままにしておくと水道管が破裂してしまい大事になってしまうこともありますので、そのような事態を避けるためにも元栓を閉じて蛇口を少し改善しておくことで未然に水トラブルを回避することができますので、もしもの時にご参考にしてください。


雨水配管が破損していて 水が排水できない
愛知県の水道修理
水道管が破裂してしまった 折れてしまった水道管

基本料金
完了までの道筋