ご協力有難う御座いました。

修理班

水まわりの小言

どこから水が漏れているのか調べてからの対処が重要
水トラブルが起きた時に対処をするには、どこが原因で起きているのかを調べる必要があります。大量に水が漏れている場合はすぐにわかりますが、少量だったり染み出ているような些細なときにはなかなか見つけにくくなります。
そんな時には、濡れている部分をタオルや雑巾で水を拭き取ります。その後、しばらく待ち漏れてこなければ水を少しずつ流します。じっくりと観察することで原因である箇所を見つけることができます。
一度で見つけることができなくても何度か同じことを繰り返すことで原因を特定することができます。トイレタンクや便器。あるいは、シンクなどは陶器でできているため、劣化してひびが入っていたり割れている個所があれば、そこから水が漏れてくることもありますが、ほとんどの場合、部品をつなぎ合わせている箇所で水漏れが起こります。
接続されている部分の間には、ゴムパッキンが挿入されていてナット等で締め付けているのでナットが緩んでいたり、ゴムパッキンが劣化していることで水が漏れてくる原因となり発生します。ゴムパッキンは、定期的に交換を必要とする消耗品で寿命があります。この寿命をむかえたゴムパッキンは、劣化によってパッキンの役割を果たさなくなってしまいます。
また、給水管などはステンレス製となっていますが日々のお手入れを怠っていると錆が発生し穴が開いてしまうこともあります。水を流したときだけ水が漏れてくるのであれば時間的余裕がありますが微量でも常に水が漏れているようだと水道料金が加算されていくの早急の修復を要します。
例えば、トイレタンクや貯水タンクは、水量が少なくなると給水し続けます。給水が止まらなくなるなどの万が一に備えて適量の水を排水するような仕組みがあり、オーバーフローやボールタップといった部品が装備されています。これらが破損していると水が止まらなくなり故障の状態によって水量は異なりますが常に目に見えない部分などで水が流れる状態となってしまいます。


当社からメッセージ

評価リスト1
給水管から水が漏れてた 分岐水栓取付
トイレにペットの砂を流した 浴室の蛇口を交換
洗面台の蛇口の故障 便器の排水ができない
グリストラップの詰まり 雑居ビルの排水トラブル
浴室の蛇口からの漏れ 雨どい補修・補強作業

当社は愛知県名古屋市中村区に本社があります。水まわりトラブルでお困りの時にはお気軽にお問い合わせください。迅速に修理対応にお伺いさせていただきます。

手順紹介

料金一覧