トラブルが起きる前に見直しが大切です。

水漏れ修理班

火災保険に付帯契約がされてるか?

賃貸マンションなどの入居時や戸建てやマンションんを購入した時に加入する火災保険が大多数の方が加入されていますが付帯契約について熟知していなく加入しているのかわからない方が大多数で当然ながらすべての方が加入されているとは限りません。
当然ながら保険期間が設定されているので、以前、加入していたけど保険金節約のために解約されていたり保険期間が過ぎているということもありえます。
火災保険に入っているのか否か自体を確認したいという場合には、保険証券や加入している保険会社に問い合わせる、賃貸であれば不動産屋に確認するのが手っ取り早いです。売買契約や賃貸契約の際に保険加入がほぼ絶対条件で賃貸物件管理の為に保険証券の写しを取ることが多いからです。確認してみたら火災保険に加入していなかった!という人は、火災保険に加入と付帯契約の内容確認をした上て火災保険に加入することをおすすめします。

付帯契約を再確認をする

上記で述べたように火災保険に加入していれば絶対安心というわけではありません。保険金を削減するためには、付帯契約を少なくすることです。しかし、何かのトラブルが起きた時には、付帯契約が加入しているかで自己出費が少なくなるメリットがあります。どんな場面の損害を補償してもらえるか=火災保険にどんな補償を付帯しているかが肝心となってきます。
付帯契約内容を確認するのに必要なのが保険証券です。保険証券にはどんな場面で何に対する損害を補償してもらえるのかが記載さされていますが、ハッキリ言って解読しにくいです。解らないことは、加入した代理店。または、保険会社に問い合わせをして確認することが望ましく個々の保険会社によって解釈の仕方が異なりますからトラブルが起きて修理依頼をした業者に確認ではなく保険会社に確認することが望ましい。また、代理店に聞いてもいいですが代理店も保険会社に確認をした上での回答となることが大多数です。
仮に、「保険証券が見当たらない」という人がいたら、保険会社のコールセンターに自分が加入している火災保険の補償内容を問い合わせてみてください。
付帯特約で【水漏れ】が付帯されていれば水道設備の水漏れで起こった床や壁紙への損害は補償してもらえることが大多数です。ただし、上記で述べたように細かい条件は保険会社によって異なるので加入している保険会社に問い合わせるのが一番確実となってきます。

付帯契約は、かなり割安で身の回りのリスクを軽減できる特約が多い半面に重複契約も多くあります。当社でお客様にアドバイスをするとしたら、
今件の火災保険と自動車保険の付帯特約を照らし合わせて再確認して重複契約を防ぐことをお伝えしておきます。


愛知県出張地域紹介
愛知県出張エリア紹介
三河担当地区
豊田市 岡崎市 安城市 西尾市 刈谷市
知立市 みよし市 碧南市 高浜市 新城市
豊橋市 豊川市
尾張担当地区
一宮市 春日井市 瀬戸市 犬山市 小牧市
江南市 稲沢市 尾張旭市 岩倉市 豊明市
日進市 長久手市 清須市 北名古屋市
海部担当地区
あま市 津島市 弥富市 愛西市
知多担当地区
知多市 大府市 半田市 常滑市 東海市

水まわりのトラブルは、予期しない時に起きてしまいます。当社では、電話無料相談を実施していますので水まわりトラブルでお困りでしたらご相談下さい。尚、他社で修理依頼している際には、お応えできないケースが少なくありませんので保険に加入された代理店。または、保険会社に直接お問い合わせをすることをお勧めします。

総合修理サポート