部品が腐食して起こる現象

修理班

現地の状況

水トラブルが起きた現場の状態となります。

【不具合箇所】 トイレ
【作業前の様子】 チョロチョロと水がもれてくると入居者から連絡があり修理をお願いしたい。
【作業時間】 30分

作業状況

本日は提携する管理会社様からのご依頼でトイレ修理にお伺いすることになりました。管理会社様から状態をお聞きしたところ便器の内側に糸を引くような水が漏れてきているというご指摘があり修理をお願いすることになったとのことです。
入居されているお客様にお電話をし修理にお伺いする時間を打ち合わせさせていただきました。お客様からは、仕事が終わってから帰ってくる時間が18時30分以降だということですので17時にお伺いすることにさせていただきました。
お客様と待ち合わせした時間に訪問し状態確認をさせてもらったところご指摘通り便器の内側に糸を引くような水が線を引いたような状態で水漏れがしていました。この現象は、トイレタンクの底面に設置されているゴムフロートという部品の劣化によって起きる現象です。
止水栓を桂川してトイレタンクの水を全部の木ゴムフロートの状態を確認をしてみたところちょっと触っただけでも真っ黒に汚れてしまう状態で腐食しているサインが出ていました。この部品を交換しタンク2水を貯めたところ便器内の水漏れの症状は改善されました。
一般的なよくあるトイレ水漏れの症状です。個人のお客様でもこの部品はホームセンターで販売されていますし簡単に取り付けることも可能です。取り付ける際には、ゴムフロートのチェーンの長さの調整を行うことが必要となってきます。チェーンの長さが長いとタンクレバーをどうしても排水がされません。また、短すぎると便器の中に水が漏れ続けるという状態になってしまいますので交換される際には微調整をしながら、少し余裕をもって取り付けると良いでしょう。
今回は簡単にトイレ修理ができましたがまた何かありましたらご気軽にお声掛けください。


現場状態11

出張地域紹介
小牧市 清須市 長久手市 北名古屋市
東海市 常滑市 知多市 半田市 大府市
三河方面出張地域紹介
豊田市 安城市 岡崎市

手順紹介