排水口のパッキンが原因であった

修理班

現地の状況

水トラブルが起きた現場の状態となります。

【不具合箇所】 浴室・風呂
【作業前の様子】 浴槽のお湯が自然に減っていく水トラブルが発生して原因を調べてほしくお願いすることになった。

作業状況

バスタブにお湯を溜めていたら次第に水量が減っていくという状態でわけがわからなく一度点検して欲しいとご要望があり時間指定でお伺いすることになりました。 お客様から事情を聞いたところ、満杯の水が1時間ぐらいで半分ぐらいになってしまっていることがあり不思議に思っていて調べてみても原因がわからなく困っていたとのことで状況を確認させていていただいたところ、排水口の取り付け金具が不具合を起こしていたことが判明しました。 今まで使われていた浴槽の年数が30年近いということでおそらくパッキンの劣化によって水が染み出ていることが考えられたのでエプロンを外して確認をしてみたところ予想通り水漏れしていることが確認が取れました。 お客様にも確認をしていただきこの部分のパッキンを交換させて頂くことになりそれほど時間がかからなく解決ができました。 目に見えない部分で不具合が起こっていると現実してから見ていないので原因がわからないと言ったことが多くあります。やはり専門の業者に点検をしてもらわないと分からないことが多くありますので些細なことでもご遠慮なくどうぞにご相談ください。 また今回排水口から水抜けしていた水が排水口に流れていく構造となっていたので建物を辞め意地がなくお客様も安堵しておられました。

現場状態14

知多担当地区
東海市 常滑市 知多市 半田市 大府市
海部担当地区
愛西市 あま市 津島市 弥富市

手順紹介